カバー画像

キャッシュカードにデビットカード機能がついている

充実

【キャッシュカードとデビットカード】

金融機関で扱っているキャッシュカードは、どれもデビットカードの機能がついています。 J-Davitに加盟しているお店なら、どのキャッシュカードでも利用可能です。

ゆうちょ銀行,みずほ銀行などは、J-Dbitを活用しています。(Visaデビットは導入していません。) 普通預金、通常預金のキャッシュカードであれば、申し込み手続きや年会費は無料です。 詳しくは、キャッシュカードを発行している各金融機関で調べてみると良いでしょう。

【国内と海外】

ただ、J-Dabitの場合、日本国内でのみ有効なので、海外ではデビットカードとしては使えません。 J-Dabitに加入している店舗は百貨店、スーパー、コンビニエンスストア等、30万ヶ所程度です。

どこでも気軽に使えるという感じではありませんね。使用する事前に調べる必要があります。 そこで、最近は多くの銀行でVisaデビットカードを導入するようになってきています。 Visaデビットカードは、海外でもデビットカードとしての機能を利用でき、便利だからです。

【Visaデビットカード】

キャッシュカードと併用できますが、申し込みが必要になります。 利用している金融機関で扱っているか確認しましょう。 Visaデビットカードを扱っている金融機関であれば、申し込めば利用できます。

入会金は無料ですが、年会費は金融機関によって有料な場合もあるので、 それぞれの金融機関で調べると良いでしょう。

【Visaデビットカードのメリット】

世界200の国や地域でデビットカードとして使えるので、海外旅行や留学には便利です。 現金を持ち歩く必要がないので安全です。現地で現地の通貨を引き出せるからです。 引き出した時の為替レートで換算されるので、為替リスクもありません。