カバー画像

お金を引き出す手間いらず&手数料なし

嬉しい

デビットカードは現金と同じなので、お金を引き出しに行く手間もかからず、 手数料もかからないという、嬉しいメリットがあります。

【意外と取られる手数料】

現金が必要な時、近くのATMを探すのは、意外と手間がかかります。 銀行は早い時間に閉まってしまうし、 結局近くのコンビニで引き落とす事が多いのではないでしょうか。 そして、当たり前のように取られるのが手数料です。

【デビットカードは手数料なし】

デビットカードなら、手数料はかかりません。 デビットカードが現金と同じ機能をはたしてくれるので、 デビットカードを使って、現金を支払う買い物の仕方が出来るのです。 ATMを探す手間も、コンビニへ行く手間も必要ありません。 入会金や年会費も必要ない場合が多いです。

【VISAデビットカード】

日本国内のVISAと提携しているお店は勿論のこと、 世界200ヶ国での利用が可能です。 現地のATMを利用して、現地の通貨を引き出すこともできます。 (この場合は、手数料がかかります。) 日本で両替して現金を持ち歩く必要がないので安全です。

【J-Debit】

デビットカードの中で、J-Debitは、まだあまり普及していないため、 日本国内で使うことしかできません。 ここでは主に、VISAデビットカードについてお話しています。

【利用可能な限度額】

銀行口座に入っているお金が、利用できる限度額なので、 使い過ぎてしまう危険がありません。 デビットカードを使うと、すぐその場で口座から現金が引き落とされます。 記録が残るので、家計簿の代わりにもなり、お金の管理がしやすくなります。

【セキュリティー】

銀行口座に直結しているので、盗難や紛失の場合はすぐに金融機関に知らせます。 悪用されることを防ぐためにも、暗証番号の管理はしっかりしましょう。